TFT液晶の消費電力

 > TFT液晶の消費電力

まとめ

TFT スクリーンの消費電力は、LCD パネル、LED バックライト、タッチ スクリーンで構成されており、このうちLED バックライトの消費電力は、電力に加えて、TFT スクリーン全体、特に 高輝度ディスプレイモジュールの 90% 以上を占めます。 LED バックライトの消費は他のアクセサリを無視できます。

1.液晶サイズ

2.解像度

3.明るさとその他の光学パラメータ

4.表示モード

5。結論 

   

製品の設計と計画を開始するとき、または既存のプロジェクトでさまざまなディスプレイの使用をアップグレードするとき、フォームファクターに加えて、消費電力にも注意が必要です。 特別な注意が必要です。特に、ディスプレイの解像度が異なるとサイズが異なります。消費電力の違いは比較的大きくなります。 LCD の電力消費の主な影響は、サイズ、解像度、明るさ、表示モードです。

TFT LCD Module circuit

TFT LCDモジュール回路

液晶サイズ

LCD のサイズは主に解像度とバックライトのサイズに影響します。LCD の電力消費は主にバックライトによるものです。ほとんどの製品はサイズが異なり、解像度も異なりますが、HD などの一部の標準解像度では、FHD は同じ製品として表示されます。 5 型 HD、5.5 型 HD、6 型 HD など。 カスタム LCD はコストが高く、大量生産された製品を選択することは経済的で迅速な選択です。

解像度

解像度がディスプレイに与える影響は透過率です。同じサイズの LCD の解像度が高いほど、透過率は低くなります。これは、解像度が高いほど LCD が同じ領域に多くのピクセルを持ち、光の透過をブロックするラインが増えることを意味します。 そのため、液晶を高解像度に置き換えると、同じ明るさでも消費電力が増えることを考慮する必要があります。

driver IC circuit

ドライバーIC回路

BLU circuit

BLU回路

明るさおよびその他の光学パラメータ

LCD の明るさは、バックライトによって提供されます。 輝度が高いほど、より多くの LED ビーズが必要になります。たとえば、5.5 インチ FHD LCD で 260lux-300lux の輝度を実現するには、対応するバックライトに 14 個の LED ビーズが必要です。より高い輝度が必要な場合は、より多くの LED ビーズを追加する必要があります。 色域は輝度に影響を与えるもう 1 つのパラメーターです。色域が高いほど透過率が低くなり、LED ビーズが必要になり、消費電力が増加します。

ディスプレイモード

動作原理の違いにより、LCD モニタの表示モードが異なるため、同じ動作状態での消費電力も異なります。たとえば、非動作状態の TN 表示モードでは白、いわゆる通常の白が表示されますが、IPS 表示モードでは消費電力も異なります。非動作状態の黒と通常の黒の場合、LCD モニタの 2 つの表示モードを同時に表示すると、消費電力に差が生じて黒画面が表示されます。

結論

LCD全体の消費電力の主な原因はバックライトであり、個々のLCDデバイスの消費電力は実際には高くなく、HD解像度ディスプレイのロジック消費電力は120mW、FHD解像度ディスプレイのロジック消費電力は約150mWですが、 それらに合わせたバックライトの消費電力は800mW以上ありますが、より高い輝度が必要な場合、バックライトの消費電力はさらに増加するため、製品設計の最初に、一致する電源回路と電源を表示するか、 バッテリー。

トップページに戻る