ニッツ vs ルーメン vs 輝度

 > ニッツ vs ルーメン vs 輝度

まとめ

輝度はtftスクリーンの重要なパラメータであり、最も直感的に感じることができる指標です。 Nit、ルーメン、輝度は明るさを表す 3 つの指標です。これらは何を意味しますか? tft 画面を説明するにはどれが適切ですか?

1.光束

2.光度

3.明るさまたは明るさ

4.反射率

5.放射光束と照度を換算するにはどうすればよいですか?

6.光度Ivと照度Eの変換方法は?

7.結論

製品の発光特性を表す光束、光度、明るさ、反射率など、輝度を表すさまざまな単位や仕様がありますが、それぞれの意味は何ですか? 異なる輝度単位間で変換する方法は? これらがディスプレイ製品の購入に大いに役立つことを理解してください。

光束

光束(ルミナスフラックス):つまり、光源から放射される光エネルギーの割合または光の流れの割合(Flow arte)、光源を説明するための基本的な光量、単位はルーメン( ルーメン)。 たとえば、100 ワット (W) の電球は 1,750lm を生成できますが、40W のクールな白色蛍光管は 3,150lm の光束を生成できます。 定義によると、1lm は、1 球面角度のステレオ角度で放出される 1cd の均一な点光源の光度 (l) です。

光度

光度 (光度、キャンドルパワー): 光度と呼ばれる光度は、光束によって放射される光源 (単位 sr) からの 3 次元の角度を指します。つまり、光束によって発せられる光源または照明です。 選択した方向の分布密度の空間で、ろうそくの光の単位 (Candle または Candela、cd)。 1cd光源の光度は、12.57lmの光束を放射できます。 照度(ルミナンス):単位面積あたりの光束で測定された、被照明面で受けた光束の密度。 1 平方メートル (m2) の表面に均一に分布する 1 lm の光束。1 ルクス (Lux, lx) の照度を生成します。 1 LM の光束が 1 平方フィート (ft2) の表面に落ち、その照度値は 1 フィート キャンドル (Foot-candle) です。 キャンドル)。

明るさまたは明るさ

輝度または明るさ: 人間の目が何かを視覚的に見るとき、2 つの方法で表現できます。 2 つ目は、屋内の表面や一般的なオブジェクトなどの非発光のみの反射光に使用され、明るさになります。 単位面積あたりに一定方向に照射された光度または反射された光度で、照らされた物体の明暗の差を表すための、ろうそくの光のメートル法単位(カンデラ/平方メートル、cd/平方メートル)またはニット(nit) )、フィート ランバート (Foot-lambert) の英国のシステム単位。

反射率

反射率または反射率: 表面の明るさは、表面に当たる光の量と、表面が光を反射する能力に依存します。 反射できる光の量、および分布の形態は、材料表面の反射率または反射率 (%) として知られる入射光に対する反射光の比率で表される、材料表面の性質に依存します。 真っ黒な表面の反射率は 0 です。つまり、どれだけ光が当たっても明るさは発生せず、すべてが吸収されます。 逆に、完全な白い表面の反射率は 1 (反射率 100%、吸収 0%) です。 反射率の測定は、まず対象物の表面に照度計を当てて表面照度値Ei(入射光)を読み取り、5~8cm(受光部を表面に向けて)照度値を当てます。 その反射照度値 Er (反射光) を測定できます。表面照度を反射照度の商で割った値が、材料表面の反射率です。

放射光束と照度を換算するにはどうすればよいですか?

明らかに、照射効果は異なる表面積で同じではないため、この場合、明るさを使用して光源のパフォーマンスを調整します。 照度は光度と呼ばれ、受光面のある点における面素子上の光束dφと、その点における面素子の面積dsとの比として定義され、ルクスで表され、次のように書ける。 として

 E=dφ/ds

上記の式から、LED 光源の光束 φ と照らされる領域 S があれば、表面のこの領域 S で、その照度 E を求めることができます。 したがって、照度は単位面積あたりの光束とも言えます。 照度の定義と上記の式から、φとEの相互換算関係が得られ、照度Eと単位面積は光束φから計算できます。 

 φ = E – ds 

これらの関係は実際のアプリケーションで非常に重要であり、基本的な設計式でよく使用されます。 例: 街灯の LED 光源、街灯の高さは 10 メートル、ライト間の距離は 16 メートル、2 つのライトの間の道路の照明を 20 ルクスにするには、各ランプの LED 光源をどれだけ使用するかが知られています。 光束?

ここで r=16/2=8m

したがって、S=3.14×82

= 200平方メートル

したがって、次のようになります: φ= E – ds=20lux×200m2

= 4000lm

光束φと光度、つまり光の強さは換算できますか?

球の中心にあると仮定した点光源で、その光束が 4π lm (≈ 12.56lm) の場合

球上の任意の点での光度が 1cd の場合、これ以降はこの条件で 2 つの間の変換を行うことができます。

条件の下で、両者の間の変換が可能です。

例を挙げて説明しましょう。LED の光度が Iv = 5cd、放射角度が 60 ° であることがわかっている場合は、問い合わせてください。

等価光束とは何ですか? LEDはデバイス化されているので、実際には点光源ではないので発光します。

特定の配光範囲があり、ここでは 60 °、球の 1/6 のみです。このとき、その等価光束は次のように表すことができます: φ = (4π × 60 ° / 360 °) lm × 360 ° ) × 5cd = 10lm、同じ光度では LED の放射角度が大きくなる 、等価光束が大きいほど、異なります

同時にIvで同じ射出角度、θを持つφがどんどん大きくなっていきます。

Nits vs Lumens vs Luminance

光度Ivと照度Eの間の変換方法は?

まず、次の照度の定義を理解してください。照度は、受光面上の点における面要素上の光束 dφ、t です。表面積の比ds、照度を単位ルクスとしたとき、記号ルクスを用いて次のように表すことができます。

 E=dφ/ds

明らかに、同じ光束では、照らされる面要素の面積が大きいほど、照度は小さくなり、逆もまた同様です。

LEDの光束φと照射する面積が分かれば、LEDが分かれば照度Eに換算できます。

LEDの光度Ivと放射角度θが分かれば、Sの表面積の表面照度も計算できます。

例えば、出射角60°で光度Iv=1cdのLEDを、通常の距離0.1Mの平面で照らした場合

照度は、次の手順で取得できます。

上記の Iv と φ の変換から、放射角 60°、光度 1cd の LED の等価光束 φ = 4π × (4π) が分かります。

等価光束φ=4π×(60°/360°)≒21mであり、面素子の距離0.1Mへの照射において、照射面素子の面積S

以下のとおりであります。

S=π(dtan30°)2

≒3.14×(0.1×0.58)2≒0.0105M2

距離が1Mの場合、照射角度での照度はわずか1.92lux。

結論

ディスプレイ業界では通常、明るさを説明するために nit を使用します。トプコンの BM-7 またはコニカ ミノルタの CA410 機器が業界の主な使用機器です。特別な要求がなければ、260nit ~ 320nit の一般的なディスプレイの明るさを要求することはもちろん可能です。 カスタマイズされた TFT ディスプレイの明るさ、必要な場合はお問い合わせください。

トップページに戻る