MIPIからHDMIへのコンバーター

 > MIPIからHDMIへのコンバーター

MIPI 高速ディスプレイ インターフェイス。スマートフォン、タブレット、ラップトップ、自動車、その他のプラットフォームで一般的に使用されます。 MIPI DSI は大量のデータを送信でき、MIPI インターフェイス ディスプレイは高解像度、優れた演色性を備え、ビデオ送信などの高速アプリケーションに使用できます。 メーカーは、このインターフェイスを使用して画面を組み合わせ、高性能、低消費電力 (低いインターフェイス レベル (200mV))、低い電磁干渉 (EMI)、および他のインターフェイスよりも少ないピン数を実現できます。

LVDS や RGB インターフェイスとは異なり、MIPI インターフェイスのディスプレイには多くの種類があります。 実際、MIPI インターフェイスを使用するほとんどすべてのディスプレイは異なります。 MIPI ディスプレイは初期化する必要があります。つまり、ディスプレイが動作する前に、ドライバー IC のパラメータを設定する命令を送信する必要があります。 各 MIPI ディスプレイの初期化コードは異なるため、MIPI ディスプレイを駆動する場合は個別のデバッグが必要です。

mipi intial setting

MIPI DSI ケーブル設計のアドバイス

mipi は高速伝送インターフェイスであるため、MIPI ケーブルの長さは通常 30 cm を超えません。また、安定した伝送と干渉防止を確保するために設計には多くの要件があります。

1. PCB または FPC 上の信号経路のインピーダンス整合

2. HiSSI 差動ペア (Tx から Rx) のインピーダンス制御 (100±10% オーム)

3. GND 層を HiSSI 信号層の下に配置します。

mipi layout

4. HiSSI の上に銀層をメッキしてシールドするか、GND 層をメッキして EMI を下げることをお勧めします (FPC 屈曲領域を含む)

MIPI DSI diagram

5. 最小の差動信号クロスオーバー。 必要に応じてクロスシグナルは90度のままにしなければなりません

MIPI DSI Cable Design Recommendations

6. 各 HiSSI 信号トレースの幅は同じで、トレースのエッジ形状は滑らかです

7. システムボードから FPC、ドライバー IC までをできるだけまっすぐに保ちます。

mipi DSI layout suggestion

8. 独立した信号ペアと GND (幅 >30mil)、確実に接地する必要がある

9. クロストークを低減するために、差動ペアと GND のクリアランスを 2W 以上に保つ

10. スルーホールのない HiSSI 差動ペア

11. スキューを最小限に抑えるために、クロック信号とデータ信号の長さが一致している必要があります

12. 差動信号にスタブを作成しないようにする

13. 差動ペアの ITO 抵抗をできるだけ同じ/低く保ちます (<10 オーム)。 複数のピン/パッドを使用する

Imagine you are an embedded (software) engineer and have never touched the MIPI DSI interface. Then driving a MIPI interface with a touch screen display will be a headache. First of all, there are very few learning materials for MIPI DSI. Only after joining the MIPI Alliance can we have complete materials. However, this is not necessary for ordinary developers. Furthermore, MIPI DSI has different interfaces, different connector models, and the number of pins. The arrangements are different, and corresponding adapter cables need to be customized for normal connection. What’s more important is that the correct configuration of the initialization code is required to drive the display normally. If you want to adjust the parameters of the display, you need to find the SPEC of the driver IC and find the correct register to modify it, but there are many functions that you cannot Found it because the manufacturer of the driver IC was not open.

静電容量式タッチスクリーンを駆動するには、サプライヤーからのさらなる協力が必要です。 USB インターフェイスを備えたタッチ スクリーンを使用している場合を除き、タッチ スクリーンのタッチ精度を継続的に最適化し、最終的にファームウェアの調整を完了するには、複数の調整が必要です。

If you are developing a new product, our suggestion is to use an MIPI to HDMI converter, or MIPI to LVDS converter, so that you can quickly complete the development process, saving you time and energy and quickly realize your design.

MIPI DSI to HDMI converter

mipiからHDMIへのコンバーター

Here is an introduction to Fengxiao Technology’s mipi to hdmi converter:
The  MIPI to HDMI Converter is mainly used for the receiving part in video/image transmission, decoding high-speed serial LVDS signals into CSI/DSI data to complete the data decoding function. This board can convert HDMI signals to MIPI data output. This MIPI to HDMI coveter is an industrial-grade design with wide temperature parameters, operating temperature: -35 ℃ ~ +80 ℃, MIPI signal supports 2-line/4-line data per lane The transmission rate can reach 1.5Gbps, and the highest resolution supports 1920x1200_60HZ. The low-power chip solution is far smaller than other MIPI solutions on the market and generates very little heat.

HDMI to MIPI converter

MIPI - HDMI コンバーターのパラメーター

寸法

69.5mm×66.2 mm×5mm(L×W×H)

 

表示色

24 bit(3×8,16.7M)

 

 

表示画面インターフェース

ミピー

 

 

制御範囲

640×480~1920×1200, equal resolution LCD

 

入力信号の種類

HDMI

 

 

入力信号フォーマットをサポート

付録 A を参照してください。

 

 

供給電圧

Minimum: 4.7V

Nominal: 5V

Max:5.2V

動作電流

Minimum: 0.1A

Nominal: 0.5A

Max:0.7A

待機電力

<0.2W

 

 

表示電圧

3.3V

 

 

使用温度範囲

-35℃~80℃

 

 

使用湿度範囲

10~95%RH(40℃,95%RH)

 

保存温度範囲

-40℃~85℃

 

 

保存湿度範囲

10~100%RH

 

 

使用環境気圧範囲

70kPa~106kPa

 

 

MTBF

>100000 hours

 

 

付録 A:MIPI to HDMI コンバーターでサポートされる解像度

解像度

フィールド周波数 [Hz]

線路周波数 [kHz]

クロック[MHz]

Standard

640×350

70

31.46900

25.17500

N/A

640×400

70

31.46900

25.17500

N/A

720×400

70

31.46900

28.32200

N/A

 640×480

 

59.94000

31.46900

25.17500

Industry Standard

75.00000

37.50000

31.50000

VESA

Standard

 

800×600

60.31700

37.87900

40.00000

VESA

Standard

75.00000

46.87500

49.50000

VESA

Standard

 

1024×768

 

60.00400

48.36300

65.00000

VESA

Standard

70.06900

56.47600

75.00000

VESA

Standard

75.02900

60.02300

78.75000

VESA

Standard

 

1280×1024

 

60.02000

63.98100

108.00000

VESA

Standard

75.02500

79.97600

135.00000

VESA

Standard

1600×1200

60.00000

75.00000

112.28800

VESA

Standard

1920×1080

59.94000

67.43300

148.35200

VESA

Standard

MIPI to HDMIコンバーターに関するFAQ

1 考えられる障害リンク 一般に、表示システムに異常がある場合は、以下のリンクを判断する必要があります。 段階的に確認することで、通常は問題を特定できます。 コントローラー (ジャンパー、PC 信号設定など); ディスプレイ (コントローラー、信号ケーブル、接続、ディスプレイ、PC 信号設定を考慮します); バックライト (関連するコントローラー、ケーブル、バックライトチューブ); ラインケーブル (HDMI ケーブルなど); マイコンシステム(リフレッシュレートなどの表示設定)

2.表示されない 接続が間違っている場合、電源が供給されていない場合(電源入力がない、電源スイッチが入っていないなど)、またはパソコンから出力される信号が本コントローラの適応範囲外の場合、表示されません。 表示されなくなる場合があります。

3.画像の位置 OSD を通じて画像の表示位置を適切に調整できない場合は、グラフィックス カードの出力タイミングが規格を満たしておらず、コントローラーが適応できない可能性があります。 テストのために他のグラフィックス カードを交換することもできます。 さらに、一部のビデオ スプリッターも影響を与える可能性があります。

4.画像表示異常 表示異常には、線抜け、ジッター、ちらつき、影などが含まれる場合があります。グラフィックスカードのリフレッシュ周波数、解像度設定、スキャン方法がコントローラの要件と一致しない場合、画像表示異常が発生する可能性があります。 サイズ、画像のスクロール、ちらつき、さらには表示されないこともあります。 ディスプレイを接続するケーブルの品質によっても、表示に異常が発生する可能性があります。 信号ケーブルの品質は、入力信号の品質と入力端子の耐干渉能力に直接影響します。 画像表示に影がある場合は、信号ケーブルの品質不良が原因である可能性があります。 バックライトとディスプレイ信号ケーブルの間に適切な距離がない場合、LCD 画面の水平同期信号に影響を与える可能性があり、その影響がディスプレイに直接現れる可能性があります。

5.バックライト バックライトが異常な場合は、電源入力、入力スイッチ信号、入力調整(調整信号がインバータの要求範囲内にないこともバックライトが点灯しない原因である可能性があります)を確認する必要があります。 点灯しない)やバックライト管など。

6.その他の故障 不適切な入力電源、誤操作による回路の短絡、誤ったケーブルなど、不適切な使用は予期せぬ悪影響をもたらす可能性があります。

トップページに戻る