40ピンLVDSから20ピンLVDSへのコンバータボード

この LVDS インターフェースコンバータは、LVDS シングルチャンネル 6 ビット/8 ビットを変換して LVDS+T-CON+VCOM 信号を出力します。

It will convert LVDS single channel 6bit/8bit to output as LVDS+T-CON+VCOM signal.

40ピン LVDS - 20ピン LVDS コンバータボードの仕様

入力シングル

LVDSシングル6/8BIT、TTL18bit/24bit

出力シングル

出力はLVDS+T-CON+VCOM信号です。

動作温度

使用温度:-30℃~+80℃ 使用湿度:90%RH(結露なきこと) 保存温度:-40℃~+85℃ 保存湿度:90%RH(結露なきこと)

電力要件

LVDS コンバータは、直流 (DC) +3.3 ~ +5.5V の広範囲の電圧入力 (Vin) を受け入れることができ、標準入力は +5V であることが推奨されます。

FPC custom service

FPC/ケーブル/インターフェイスのカスタマイズ

FPCやケーブルの長さ、幅、太さをカスタマイズし、インターフェースの種類に応じてピン配置を調整し、適切なコネクタを選択することができます。優れたFPCソリューションで、ディスプレイや回路基板をシンプルかつ安全に。

Touch display customization service

タッチパネルまたはカバーガラスを追加

タッチパネルはお客様のご要望に応じて追加することができ、抵抗膜方式、静電容量方式のタッチパネル、赤外線方式のタッチパネルの3つのオプションがあります。または必要に応じて保護ガラスを追加

Optical Measuring Instruments

カスタマイズされた表示光学系パラメータ

輝度、色域、応答速度、ガンマなど、ニーズに合わせて光学パラメーターの異なる表示画面の設計が可能で、アンチグレア、アンチフィンガープリントなどのコーティングも付加できる。

HDMI to MIPI,RGB,LVDS adapter board

HDMI to MIPI, RGB, LVDS基板をカスタマイズ。

弊社が設計した回路基板は、お使いのディスプレイのインターフェースをHDMIインターフェースに変換することができます。お使いの製品にディスプレイ制御機能がない場合、当社のシリアルディスプレイを使用すれば、簡単なコマンドを使用するだけで、RS232/458を介して表示内容を制御することができます

ドライバボードパラメータ

パラメータ

The  module is a T-CON circuit conversion, LED backlight drive function, backlight PWM adjustment and other functions for small and medium-sized LCD screens. It is applied to 3.5~12.1-inch LCD screens. This board has signal stability, strong anti-interference performance, and convenience. Application Advantages. It has the following functions:
◆The input signal of this board is LVDS single channel 6bit/8bit (default 8BIT mode input; if 6BIT input is required, the resistor needs to be changed to move R1 to the R32 position), and the output is LVDS+T-CON+VCOM signal.
◆This board provides an LED backlight output interface, which can provide stable backlight power supply for 3.5~10.1-inch LCD.
◆This board can accept a wide range of voltage input (Vin) from direct current (DC) +3.3 to +5.5V. It is recommended that the typical input is +5V.

40ピンLVDSから20ピンLVDSコンバータ入力インターフェース
LVDS converter input interface

【注1】:
Vinはボード全体に必要な電源を供給します。 推奨される標準値は+5V (リップルは100mV未満)です。
【注2】:
ON/OFFはバックライトのスイッチ制御ピンです。 推奨代表値は: +3.3V/+5V (デフォルトはオン: +1.5 ~ +5.5V オフ: 0 ~ 0.3V)
【注 3】:
PWM はバックライト輝度調整ピンです。 調整機能を使用しない場合、このピンは未接続 (NC) となり、NC のときの明るさが最も明るくなります。
バックライトの明るさは 2 つの方法で調整できます。
1. PWM:周波数要件:2kHz〜10kHz
振幅要件:5V
デューティサイクル:0〜100%
2. アナログ電圧: 電圧範囲: 0~5V

40ピンLVDSから20ピンLVDSコンバータ出力インターフェース
LVDS converter output interface

【注 1】: VCOM の標準値は 3.75 V も利用可能です
VR1 ポテンショメータを介して電圧を調整します。
【注 2】: DVDD の標準値は 3.23 ~ 3.3 V です。
【注 3】: DITHB、6ビット/8ビットモード、
デフォルトの高レベル=6BIT。
【注4】: AVDD、代表値10.4V。
[注5]: VLED-、LEDバックライト電源マイナス

【注6】: L/R、水平フリップモード、デフォルト
ハイレベル。
[注7]: U/D、垂直フリップモード、デフォルト
ロー
【注8】: VGL、標準値-6.8V。
【注9】: VGH、標準値は17V。
【注10】: VLED+、LEDバックライト電源プラス
>ポールです。 (PWMにより電圧が変化します)

最近のインターフェースコンバータ

トップページに戻る

今すぐ問い合わせる