ipsディスプレイとtftの違いは何ですか?

 > ips lcd と tft の違いは何ですか?

まとめ

LCD ディスプレイは非常に急成長している産業です。初期の白黒ディスプレイからカラーディスプレイ、折りたたみ可能なAMOLED、そしてMini-LEDに至るまで、開発にはわずか20年以上かかりましたが、ディスプレイごとに原理や構造は異なります。以下の記事ではtft表示に関する関連知識を紹介します。

1.白黒表示

2.カラーtftディスプレイ

    2.1. tnパネル

    2.2.ディスプレイ

    2.3. ipsディスプレイ

3. ips と tft ではどちらが優れていますか?

tft ディスプレイは、薄くて薄い外観と性能により、CRT ディスプレイ市場のほとんどを首尾よく置き換えました。 現在、私たちが仕事や生活の中で接触する画面は、基本的に TFT ディスプレイです。 さまざまなニーズに応じて、TFT LCD は多くの種類と機能を引き出します。 機能に応じて、太陽光で読み取り可能なディスプレイ、高温ディスプレイ、低温ディスプレイ、高輝度ディスプレイ、防水ディスプレイなど、高リフレッシュレートディスプレイなどに分類できます。 品種:

ips VS tft

最初のカテゴリは白黒ディスプレイです。

最初のカテゴリは白黒ディスプレイです。 このディスプレイにはカラーフィルターがなく、解像度が低いです。 最も単純な TFT ディスプレイは、必要な場所にある ITO 電極 (ITO は酸化されたスズ、透明な酸化物) だけです。 液晶は回転前と屈折率が違うので見え方が違います。 最下位の白黒ディスプレイは、16 SEGMENT ディスプレイなどの IC を駆動する必要はありません。 解像度が高くなると、LCDの文字表示やグラフィック表示など、ICの調整が必要になります。 このような製品はシンプルで、生産と製造が容易で、単純な MCU で駆動できます。

2 番目のカテゴリはカラー TFT ディスプレイです。

2 番目のカテゴリは、カラー TFT ディスプレイです。 このタイプのディスプレイは、現在主流のディスプレイです。 カラー TFT ディスプレイは、白黒 LCD ディスプレイと比較して、カラー フィルターを追加し、カラー画面を表示できます。 カラー TFT ディスプレイは、ディスプレイ モードによって、IPS、TN、VA の 3 つのタイプに分けられます。

tnパネル

その中でもTN液晶パネルは構造上の問題から720×1280以下の製品に採用されており、IPSやVAディスプレイなど視野角は小さいが応答速度は速く、低で当たり前の画面がゆっくり見られる 温度環境。 室温で使用するのが最適です。

ディスプレイ

 VA LCD ディスプレイと TN ディスプレイの原理は似ており、現在は主に大型コンピュータ ディスプレイやテレビに適用されています。

IPSディスプレイ

IPS 液晶パネルは、最も広く使用されているディスプレイです。 また、最も開発された TFT ディスプレイでもあります。 IPS ディスプレイは 4K 解像度をサポートでき、遠近感は TN ディスプレイよりもはるかに優れています。 さまざまな液晶パネル メーカーが、BOE ADS 技術などの独自の特許を取得しています。 LG の FFS 技術は、IPS ディスプレイ技術で開発されています。

では、IPS LCD と TFT の違いは何ですか? または、IPS VS TFT に適しているのは誰ですか?

上記の紹介によると、実際には、IPS VS TFT の比較方法は厳密ではないことがわかります。 TFTにはディスプレイのタイプがありません。 TFTはLCDディスプレイの重要な部分です。 -Si、LTPS、LTPO、IGZOなど。IPS LCD VS TFT LCDの方が合理的です。 IPS LCD は、TFT LCD ディスプレイ全体の中でより優れているため、ここで IPS LCD VS TFT の答えに対する答えをすでに持っています。 次に、IPS ディスプレイを選択肢の 1 つとして使用できます。

トップページに戻る