2.08 インチ 128x32 PMOLED ディスプレイ モジュール

2.08 128×32 PMOLEDディスプレイモジュール、表示モード:パッシブマトリックス、表示色:モノクロ(白)

 > 2.08-inch 128×32 oled display, SPI/IIC interface
2.08-inch OLED display

2.08 インチ PMOLED ディスプレイ モジュールの主なパラメータ

ITEM標準値ユニット
ディスプレイのSIZE2.08インチ
ディスプレイタイプ PMOLED
ドライバーエレメントパッシブマトリックス
ドット数128*32ドット
表示色 モノクローム(白)
画素ピッチ(W*H)0.38*0.38ミリメートル
アクティブエリア51.18*12.78ミリメートル
ビューイングディレクション全方位
制御ICSSD1307
パネルサイズ(幅×高さ×高さ)70.8(幅)*20.6(長さ)*1.63(高さ)ミリメートル

関連技術資料のダウンロード

SSD1307 データシート 小型OLEDディスプレイ用

2.08インチ小型OLEDディスプレイの仕様

2.08インチ小型有機ELディスプレイの回路図

2.08インチ小型OLEDディスプレイの初期コード

FPCやケーブルの長さ、幅、太さをカスタマイズし、インターフェースの種類に応じてピン配置を調整し、適切なコネクタを選択することができます。優れたFPCソリューションで、ディスプレイや回路基板をシンプルかつ安全に。

タッチパネルはお客様のご要望に応じて追加することができ、抵抗膜方式、静電容量方式のタッチパネル、赤外線方式のタッチパネルの3つのオプションがあります。または必要に応じて保護ガラスを追加

輝度、色域、応答速度、ガンマなど、ニーズに合わせて光学パラメーターの異なる表示画面の設計が可能で、アンチグレア、アンチフィンガープリントなどのコーティングも付加できる。

弊社が設計した回路基板は、お使いのディスプレイのインターフェースをHDMIインターフェースに変換することができます。お使いの製品にディスプレイ制御機能がない場合、当社のシリアルディスプレイを使用すれば、簡単なコマンドを使用するだけで、RS232/458を介して表示内容を制御することができます

2.08 インチ OLED ディスプレイの図面とインターフェイス

256×64ピクセルの高解像度の2.08インチモノクロOLEDディスプレイ。 パッシブ マトリックス OLED ディスプレイ モードと 16 レベルのグレースケールにより、ディスプレイは鮮明な白いコンテンツをレンダリングし、優れた視覚品質を保証します。

ディスプレイには信頼性の高い SH1122 ドライバー IC が搭載されており、3 線式および 4 線式シリアル インターフェイスをサポートしています。 この多用途性により、さまざまなプロジェクトやシステムにシームレスに統合でき、利便性と柔軟性が得られます。

耐久性と信頼性を強化するために、当社のディスプレイははんだ付けされた FPC (フレキシブル プリント回路) 構造を備えています。 この堅牢な設計により、要求の厳しい環境でも長期にわたるパフォーマンスが保証されます。 このモニターは、幅広い動作温度範囲に耐えることができ、動作温度範囲は -40°C ~ 70°C、保管温度範囲は -40°C ~ 85°C です。

概略図は次のとおりです。

インターフェイスは次のように定義されます:

ピンシンボル詳細
1VSSGND
2BS2通信インターフェースの選択
3BS1通信インターフェースの選択
4BS0通信インターフェースの選択
5NC 
6VCCパネル駆動電圧用電源
7VCOMH 
8IREFセグメント出力電流基準端子です。
IREF 電流を維持するには、このピンと VSS の間に抵抗を接続する必要があります。
10μAで
9D7これらは、マイクロプロセッサのデータ バスに接続される 8 ビットの双方向データ バスです。
シリアル インターフェイス モードが選択されている場合、D0 はシリアル クロック入力: SCLK になります。 D1
はシリアル データ入力になります。SDIN と D2 は NC のままにしておく必要があります。
I2C モードが選択されている場合、D2、D1 は結合され、SDAout として機能する必要があります。
アプリケーションでは SDAin、D0 はシリアル クロック入力、SCL です。
10D6
11D5
12D4
13D3
14D2
15D1
16D0
17E(RD)6800 シリーズ マイクロプロセッサに接続する場合、このピンはイネーブルとして使用されます。
(E)信号。このピンが HIGH にプルされると、読み取り/書き込み動作が開始されます (つまり、
VDD) となり、チップが選択されます。
8080 シリーズ マイクロプロセッサに接続する場合、このピンは読み取り信号を受け取ります。
(RD#)信号。このピンが LOW に引き下げられ、チップが
選択されました。
シリアルインターフェイスが選択されている場合、このピンは VSS に接続する必要があります。
18読み取り/書き込みMCUインターフェースに接続するリード/ライト制御入力端子です。
6800 シリーズ マイクロプロセッサに接続する場合、このピンは読み取り/書き込みとして使用されます。
(R/W#)選択入力。このピンが HIGH にプルされると、読み取りモードが実行されます。
(つまり、VDD に接続)、LOW の場合は書き込みモードになります。
8080 インターフェイス モードが選択されている場合、このピンは書き込み (WR) 入力になります。データ
このピンが LOW に引き下げられ、チップが選択されると、書き込み動作が開始されます。
シリアルまたは I2C インターフェイスが選択されている場合、このピンは VSS に接続する必要があります。 
19D/Cデータ/コマンド制御ピンです。 HIGH にプルされると (つまり、VDD に接続すると)、
D[7:0]のデータはデータとして扱われます。 LOW に引き下げられると、D[7:0] のデータは次のようになります。
コマンドレジスタに転送されます。
I2C モードでは、このピンはスレーブ アドレス選択用の SA0 として機能します。
3 線式シリアルインターフェースを選択した場合、このピンは VSS に接続する必要があります。 
20解像度 この端子はリセット信号入力端子です。ピンが LOW にプルされると、チップの初期化が行われます。
実行されました。通常動作中は、このピンを HIGH に維持します (つまり、VDD に接続します)。
21CSこのピンはチップセレクト入力です。 (アクティブLOW) 
22VDDコアロジック動作用の電源ピン。 
23NC 
24VSSGND

最近のOLED製品

トップページに戻る